1時間に『1万5千円』を稼ぐ小学生 ~貧乏人が金持ちに変貌を遂げる科学的な副業メソッド~

独立だけが正しい道だとは思いません



「起業しなければ安定は望めない」という
コンセプトが流行しているようですが
独立だけが成功する道では無いと思っています。

「日本は破綻します。だから起業しましょう!」

これは安直すぎる意見だと思います。

もし最悪日本が破綻した場合、起業していても
会社勤めしていても、貧困に陥るのは同じです。

むしろ中小企業や個人事業主の社長の方が
破綻した場合のリスクは大きいと思います。

大切な事は「勤めているか」「独立しているか」ではなく
『従業員マインドセット』を捨てているか、です。

サラリーマンでも『起業家マインドセット』を
持っている人は、どんな時代になっても
どんな国にいても絶対に成功できます。

従業員マインドセットと起業家マインドセットの違いを
簡単に説明しますと、

従業員マインドセット=『時間』でお金をもらう

起業家マインドセット=『結果』でお金をもらう

の違いです。

個人的にサラリーマンは素晴らしいと思います。

日本を支えてきたのは全人口の80%のサラリーマンです。

何だかんだ言いながら、そこらへんの起業家よりも
よっぽど安定していると思います。

よほど妙な会社に勤めていない限り
決まった時間に出社して働いていれば
決まった日付に決まった金額が振り込まれます。

しかし起業家は違います。

結果が『すべて』です。

結果を出さなければ1円も入ってきません。

銀行口座に毎月25日にお金は振込まれません。

銀行残高のプレッシャーは起業家の方が
大きいのです。

私も起業した当時は何度も会社員になりたいと
思っていました。

ただし時間でお金をもらう癖がつくと
起業家マインドセット、つまり
結果でお金をもらう能力が衰えます。

そうなると、どうなるのか?

『1人で稼ぐ力』を失います。

ゼロから稼ぐ能力が衰えるのです


いざ、という時に対応できなくなるのです。

リストラにあった
会社が倒産した
日本が財政破綻した

こういった緊急事態に対応する能力が
なくなるのです。

その違いです。

これからの時代は、アルバイトであっても
ニートでも会社員でも起業家でも

『1人でゼロから稼ぐ力』

を身につける必要性があるのです。

国や会社を信じられる時代はもう終わりました。

医者や弁護士などの花形職業が月収100万円。

リストラ、自殺、放射能、ホームレス、ニート
離婚、家族離散、孤独死、自己破産…

これらの単語がニュースに出ない日が無い。

保身と当選以外は頭に無い政治家。

終身雇用なんて、もはや恥ずかしくて
口にもできない…そんな時代なのです。

戦後に作られた古い洗脳では、これからの
新時代を生き残る事はできないのです。

昔話を信じている人間は物乞いになる時代なのです。

国や会社を『利用』するのはOKです。しかし…

『依存』する人間に未来はありません


これからは国や会社に依存している
自力で稼ぐ力が無い人間は淘汰されます。

取り残され職を失い普通の生活を送る事も
不可能になります。

これからの時代、生き残るためには
『ゼロイチで稼ぐ力』が必要なのです。

ゼロから1人でお金を稼ぐ力が
有るか無いかが重要なのです。

例えば「今日中に5万円のお小遣いが欲しい」と
思ったらその日の内にゼロから稼げる

お金をコントロールできる人間になる


必要があるのです。

ゼロの状態からでも数ヶ月以内に
年間1000万円位は確保できるような
人間になる必要があるのです。

1人で稼ぐ力さえあれば、例え日本国が
滅びようとも他国で稼ぐ事ができます。

破綻しようが何をしようが関係無いのです。

ゼロイチで稼げる人間だけが、景気の良い国に
家族を連れて脱出する事ができるのです。

他人の情報に踊らされてビクビク生きる
必要がないのです。

「でも村上さん、他の国で稼げって言うけど
私は語学ができないので無理ですよ?」

という意見もあると思いますので
言っておきます。

語学ができなくても海外でビジネスを
やる方法はいくらでもあります。

例えば、日本人向けのガイドをやっている
現地人を雇えば語学の問題は一瞬で解決します。

日本語を話せる現地人を雇えば良いのです


そしてその人間を雇っている間に
じっくりと語学を習得すれば良い
だけの話なのです。

しかしお金を稼ぐ稼ぐ力は語学のように
簡単にはいきません。

稼ぐ力を持っている人間は簡単に
雇う事ができないからです。

ゼロから稼げる人間はあなたに雇われる
筋合いが無いのです。

稼ぐ力を持っている人間はとっくに
自分で独立して稼いでいます。

「私はTOEIC◯点です!」

と威張りながらお金に苦しんでいる人は
たくさんいます。

英会話教室の先生や通訳の仕事をしている
ほとんどの人は貧乏です。

語学は大切です。

が、語学力『だけ』あっても意味が無いのです。

しかし語学ができなくても『稼ぐ力』
さえあれば、後は何とかななります。

語学は代用がききますが

『稼ぐ力』は代用がきかない


のです。

また、現地の人間を通訳で雇うにしても
当然コスト(人件費)がかかります。

ある程度の資金を貯めておかないと
いざという時に通訳を雇うことも
できません。

もう一度言います。

サラリーマンか起業家かは
大した問題ではありません。

ゼロイチで稼ぐ力能力が必要なのです。

ゼロから年間1000万円程度は
稼げないと話にならないのです。

正しいアプローチさえ暗記してしまえば
年収1000万円は難しくありません。

稼ぐ力さえあれば、どんな緊急事態になっても
どんな国に住んでいても稼ぐ事ができます。

いい加減目を覚まして、国や会社に依存しない
人間になる必要があるのです。

戦後の古くさいカビの生えた洗脳を
今の日本にマッチした新しい知識に
書き換える必要があるのです。

『洗脳し直す』必要があるのです。

破綻するかどうかは私には解りませんが
保身と当選しか考えられない人間が
トップに居座っているいる以上、

今の平穏は長くは続かない


と思っています。

何か起こってから行動を起こしていては
手遅れなのです。

何か起こる前に、今、まだ少しでも余裕が
ある内に行動を起こすべきだと思います。

最悪に備えておいて損は無いと思います。

「でも村上さん、一体何を信じて何を勉強すれば
良いのでしょうか?私は騙されまくっているので
もう何も信じられません…」

という意見があると思いますので
どんな人から学べば良いのかをお伝えします。

まずは最近流行している『投資』で
稼げるかどうかをお話します。

世界一の投資家ウォーレン・バフェットさんが
よく言うことなのですが

「私が投資する会社は、自分の娘を嫁に出しても
良いと思える社長が経営している会社です」

簡単に言えば、

「会社や市場、経営者の事を熟知していなければ
 投資をしてはいけない」

と世界一の投資家が言っているのです。

アマチュアの投資家ではなく
世界一の投資家が言っているのです


投資で稼ごうと思っている人は
その会社や市場の事を本当に熟知して
いるのでしょうか?

恐らく「NO」だと思います。

稀に「凄い投資の情報が回ってきた」などと
発言する人がいますが、投資の世界はそんなに
甘くはありません。

ビジネスの世界よりもよりも海山千万の
金の亡者がひしめく世界です。

私達一般人の所に良い投資案件が
回ってくる訳がありません。

万能ツールが売られる事もありません。

本当に良い投資案件は

ごく一部のお金持ちの間だけで
グルグル回っています


「良い情報が回ってきた」と言っている人は
パチンコ屋に行って「俺だけは勝てる」と
思っている人と同じです。

パチンコ屋の電気代は月に100万〜1000万円、
新台を導入する度に何百万円とかかりますが
そのお金はどこから出ているのでしょうか?

100%お客さんの財布です。

現実的に考えても統計的に計算しても
勝ち続けられる訳が無いのです。

小学生でも解る足し算引き算です。

「パチンコでは金持ちになれない」
と解っているのに、なぜ投資になると
自分の所には美味しい案件が回ってくる
と思ってしまうのでしょうか?

美味しい案件やノウハウは絶対に
販売される事はありません。

投資の世界はゼロサムゲームとよく言われますが
負ける人がいるから、勝つ人がいるのです。

本当に美味しい案件であれば、ノウハウの提供者が
絶対に独り占めします。

わざわざ自分の儲けをベラベラ
他人に話す必要は無いのです


もし良い投資案件が回ってきたら
あなたはノウハウとして販売しますか?

しないと思います。

本当に儲かる情報は世界のトップ0.001%の
エリートの間でグルグル回っているのです。

私たちの所には100%回ってこないのです。

「そんなのインサイダー取引じゃないですか!」

と思う人もいるかもしれませんが、そんなのは
当たり前なのが投資の世界です。

例えば2005年に鳥インフルエンザが流行しました。

それにはタミフルという抗生物質が有効だと
みんな信じていました。

日本で死者が出たのでご存知の人も多いと思いますが
タミフルはめまいや吐き気や呼吸困難、錯乱という
副作用があります。

ブッシュ大統領とラムズフェルド国防長官(当時)は
世界的なニュースで鳥インフルエンザの危険を
発表しました。

スイスにあるWHOという世界で最も権威のある
健康機関の長官まで呼びつけてテレビで発表しました。

米軍全員に対してタミフルを服用するように命令し
薬を貯蓄するために10億ドル(約1000億円)の
予算を措置すると発表しました。

世界人口の50%が感染し2000万人の
死者を出したスペイン風邪の再来だと
煽りまくったのです。

これが世界的に大々的に放映され
世界中は大混乱になりました。

混乱状態になりタミフルの

奪い合いになったのです。
当然…

タミフルを販売している製薬会社の
株価は高騰します。

この会社の株を持っていた人は
この1本のニュースで大儲けしたと思います。

ちなみにタミフルを独占的に製造しているのは
ギリアドサイエンスという会社です。

そして重要な点は、ラムズフェルド国防長官は
ワシントンに来る前はギリアドサイエンス社の
会長であった事です。

そしてこの最大株主がラムズフェルドさんで
あったという事です。

これが投資の世界です。

アメリカ政府があれだけ騒いで恐怖を煽ったのに
結局、ほとんど問題も起こらないで終わっています。

タミフルを販売していた会社と
その株主だけが儲っただけなのです。

世の中そんなものなのです。

「汚い」とか「汚くない」とか
もはやそういう次元の話ではないのです。

金持ちは金持ちの間だけで、質の高い
情報をグルグル回しているのです。

簡単に言えば、

私達の所に美味しい投資物件は
100%転がってこない


という事です。

もしあなたの元に良い投資案件が回ってきたら
それを情報商材にして販売しますか?

大々的にCMを打って宣伝しますか?

パンフレットやカタログを作りますか?

まともな神経の持ち主なら行わないと思います。

損する人がいるから儲る人がいる投資の世界で
誰が好き好んで自分にお金を運んでくる一般人に
儲かる情報を大々的に宣伝するのでしょうか?

なぜ私達にだけこっそり教えてくれるのでしょうか?

その可能性は極めて低いと思います。

マネーは金持ち達の間だけで回っています。

本来なら中立的な立場であるマスコミも
大半がその金持ち達の手下です。

「それでも投資で金持ちになれる」

と信じるのであれば

借金をしてパチンコ屋に並んで億万長者を
夢見ている人間と同じ目を見る事になります。

投資のステージはビジネスの世界で
ある程度稼いだ人間にだけ訪れます。

最低でも年間1000万円を稼いでいない
のであれば、それは時期尚早と考えた方が
賢明だと思います。

まずビジネスで稼ぐ必要があるのです


ではビジネスで稼ぐためには
どんな人間から教われば良いのか?

最短の時間と最小の労力で成功者の
仲間入りするためには、最低条件として

稼いでいる現役の人間から教わる必要があります。
マインドセットなど本質は変わりませんが
テクニックは時代時代で変わります。

そのため今現在も現役で稼いでる人間から
最新の情報を盗む必要があります。

もう1つは重要な要素は『教え方』です。

どんなに優れた情報であっても
教え方が下手な人から学んでいたら
成功する事はできません。

『人を動かす』という名著があります。

本当に素晴らしい本で、私は目覚めてすぐ
この本を読むようにしています。

寝起きは変成意識の状態ですので
情報がインプットされ易いからです。

しかしこんな名著であっても
成功にはなかなか直結しません。

例えばこの書籍にはこんな逸話があります。

ある日、航空ショーの花形スターのフーヴァーさんが
サンディエゴでショーを終わらせてロサンゼルスの
自宅に飛行機で戻っていました。

その時、約100メートルの上空で
突然エンジンが止まりました。

彼は操縦が上手かったおかげで無事着陸し
負傷者は出ませんでしたが、高額な機体は
着陸時にボロボロになりました。

着陸後、不審に思ったフーヴァーさんは
飛行機を調べました。

すると燃料が間違っていた事が判明しました。

本来のガソリンではなくジェット機用の
燃料が入っていたのです。

整備士の致命的なミスでした。

飛行場に戻るとフーヴァーさんは
整備担当の男を呼び出しました。

もし着陸に失敗したらフーヴァーさんの命だけでなく
何百人もの命を奪う可能性がありました。

高価な機体も失いました。

整備士は罪の重さにボロボロ涙を流し
今にも死にそうでした。

普通ならここで怒鳴り散らして
クビにするのが当然だと思います。

死にかけたので感情にまかせて
ボコボコに殴ってしまうかもしれません。

損害賠償金など訴訟を起こされても
文句は言えません。

しかしフーヴァーさんは違いました。

整備士の肩に手をかけて…




これだけでも無料で観てください
無料進呈
無料ギフトを受け取る

名前

*

メールアドレス

*
村上宗嗣
海外写真